WEB予約
MENU

よくあるご質問 - アレルギー関連|東大阪市御厨西ノ町の小児科・アレルギー科 - もしもしキッズクリニック

よくあるご質問

Q & A

Q & Aよくあるご質問
(アレルギー関連)

アレルギー関連

アレルギーが心配なので離乳食を遅らせた方が良い?

離乳食の開始を遅らせる事で食物アレルギーの発症を予防できる効果は無いといわれています。その為、特に遅らせる必要はありません。日本では生後5-6か月での開始が推奨されています(欧米では4か月から推奨する国もあります)ので、その通りに開始して下さい。

一般的にお粥から始めて、その後野菜や芋類に進んでいく事になると思います。
これらはアレルギーを起こす頻度が低いと言われています。

初めての食品を食べさせる際には、十分に加熱して、少量ずつ、体調の良い時に食べさせてあげて下さい。症状が出現した時に対応しやすい様、日中の時間帯を選ぶ事も大事です。

アレルギー症状の内、蕁麻疹(皮膚症状)は受診時には消失・軽減する事も多いので、写真などを撮っておくと診断の際にとても役立ちます。

食物アレルギーは治りますか?

食物アレルギーには色々なタイプがあります。

耐性化(治る)しやすいものは、「新生児・乳児消化管アレルギー」「食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎」「即時型症状」と呼ばれるタイプです。

耐性化しにくいものは、「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」「口腔アレルギー症候群」です。
(ただ即時型症状の内、ナッツ類・ピーナッツ・甲殻類アレルギーは耐性獲得しにくいと言われています。)

一般的に「食物アレルギー」と言われているものは、食品によって治っていく年齢や割合に幅があります。
共通して、検査の数値(特異的IgE値)の高値が続く場合は耐性が獲得されにくいとの報告があります。他の食物アレルギーの合併、喘息やアレルギー性鼻炎の有無は耐性化に大きく影響しないと言われています。

自然に耐性を獲得していく方も一定数いらっしゃいますが、不要な除去を長期間続けていると耐性化が遅れてしまったり、耐性を獲得できなくなってしまう可能性もあります。一度ご相談下さい。

アトピー性皮膚炎は治りますか?

様々な報告がありますが、きちんとした治療を行っていれば50%以上は小学校入学前に治ると言われています。
また、小学校入学時に認められたアトピー性皮膚炎の50%以上は小学校卒業時までに、16歳を過ぎには90%が治ると言われています。
ただ重症度に関しては、幼児期よりも学童期において症状が悪化する傾向にあります。

牛乳アレルギーがあるのですが、乳糖の入った薬剤は使用できますか?

乳糖は牛乳を原材料として作成される2糖類(ブドウ糖とガラクトース)です。
乳糖1gに対して数㎍程度の乳タンパクが含まれています。
内服薬の多くは乳糖を含みますが、症状を誘発する事は殆どありません。
ただし、乳糖を含む注射薬や吸入薬に関しては注意が必要です。

乳糖を含む注射・吸入薬

  • 注射薬:ソル・メドロール静注用40mg(125mg・500mg・1000mg製剤は含まない)
  • 吸入薬:~ディスカス・~ディスク・~ヘラー・~ヘイラー(エアゾール、サルタノールインヘラーは含まない)

また、歯科で使用されるリカルデント(CPP-ACP)は人工的に作り出されたカゼイン由来の化学合成物で、牛乳アレルギーの方は注意が必要です。